• facebook
  • tumblr
  • twitter
  • rss

clubsterben

この差は・・。

世界的に有名なベルリンのクラブ・シーンを保護するために、
同市 の Klaus Wowereit 市長が100万ユーロ(日本円で約1億円)をかけて音楽協会を設立する予定だという。
ベルリンのクラブ・シーンは、ヨーロッパ中から観光客が訪れるナイトスポットであり、同市の経済を支える主要な産業の一つ。
しかし、近年は不動産開発業者の介入による地価の高騰が続き、移転や閉鎖を余儀なくされるクラブが後を絶たないそうだ。
日本にはベルリンのシーンの充実ぶりが伝えられることが多いので意外な話にも思えるが、
実際にベルリンでは「clubsterben(クラブの死)」という造語も生まれているらしい。
— ベルリンのクラブ・シーン保護のため、市が1億円をかけて音楽協会を設立 ( http://www.higher-frequency.com/news/5995 )  


たまにクラブ行きたくなるのですが、京都はいま正常にクラブ営業していないので。
Worldも春に再開するらしいけど1時までみたいだし。
地価高騰ならファッションやアートなどの若者のカルチャーも影響を受けそうな気もしますがどうなんでしょうか。
去年ベルリンにちらっと行ったが、状況変わっているのかな。

Pocket