• facebook
  • tumblr
  • twitter
  • rss

空港での寝心地をチェックするには

卒業旅行シーズンですねー。若いうちは弾丸なスケジュールだったりするので海外旅行を楽しむには時差ボケ対策が重要。現地時間を意識して飛行機で消灯してようと起きていたり、空港で寝たりします。
昨年アメリカへ行った時は、安さ重視でチケット買ったせいで、NJのニューアーク空港に深夜着でトランジットが8時間くらいあったのですが、 これがちょっと辛かった。というのも、ここはオール肘掛け有りのソファで、こういう可笑しな現象が起こってしまいます。

僕はこのティモシー・クックCEOのような紳士のように床で寝る覚悟はなかったので、ソファ・チェアで2,3時間ウトウトしました。

対策を立てるためにはまずは事前リサーチ。こちらのウェブサイトでは、旅行者のレビューが掲載されています。
Airport Reviews | The Guide to Sleeping in Airports : http://www.sleepinginairports.net/
寝心地だけでなく、椅子の種類から、レストランのオープン時間などの各サービスの詳細がまとまっており、レビューでは「フライトのキャンセルで一晩過ごすことになった」など一連のストーリーが旅行記のように記されており、意外と?面白いです。
またSleeping in airport.netでは空港のランキングも発表しており、こちらも参考になると思います。

Best Airports of 2012
#10: トロント・ピアソン国際空港/Toronto Pearson International(YYZ)
#9: チューリッヒ空港/Zurich(ZRH)
#8:ミュンヘン国際空港/Munich International Airport(MUC)
#7:バンクーバー国際空港/Vancouver International Airport(YVR)
#6:ヘルシンキ・ヴァンター国際空港/Helsinki Vantaa Airport(HEL)
#5:クアラルンプール国際空港/Kuala Lumpur International Airport(KUL)
#4:アムステルダムスキポール空港/Amsterdam Schiphol Airport(AMS)
#3:香港国際空港/Hong Kong International Airport(HKG)
#2:インチョン国際空港Seoul Incheon(ICN)
#1: シンガポールチャンギ国際空港/Singapore Changi(SIN)

因みにワーストはこちら。
Worst Airports of 2012

それではsafe trip。

Pocket